JAXA -宇宙航空研究開発機構-

宇宙航空研究開発機構
追跡ネットワーク技術センター

ついせキリンの「筑波宇宙センター特別公開」開催リポート


追跡DEクイズ(ついせき で クイズ)
「追跡DEクイズ」では、追跡ネットワーク技術センターの仕事ってどんな仕事?何をしているの?という説明をした後に、5問のクイズに答えてもらいました。 来場者のみなさん、全問正解できたかな??

「アンテナ実験SHOW」ではアンテナ博士とついせキリンが、手づくりのアンテナで、BS衛星放送とアメリカの気象衛星「NOAA」からのデータを受信する実験を行いました。 写真は、アンテナ博士に教えてもらいながら、小学生のお友だちがアンテナを持って気象衛星の電波を受信しようとしているところです。みんなとってもまじめな表情です。

アンテナ実験SHOW(アンテナ じっけん ショー)


気象衛星NOAAから受信した雲の画像
会場のみなさんに協力してもらったおかげで、実験は大成功!気象衛星NOAAが送ってくれた雲のデータが受信できました! 特別公開の日は、関東がよく晴れていたことがデータからもわかりますね。

「パラボラのふしぎ」では、大きなパラボラアンテナを2つ使って、アンテナのしくみを体験してもらいました。 パラボラアンテナの中心にむかって話をすると、もう一つのアンテナの前に立っている人には、耳もとで話しているように声が聞こえるんだって。糸のない糸電話みたい! そんなふしぎな体験をして、みんな、おどろいていました。

パラボラのふしぎ


ANT選抜総選挙(アンテナ せんばつ そうせんきょ)
はじめてのイベント、「ANT(アンテナ)選抜総選挙」では、8つのアンテナが、1位の「センター」アンテナをかけて立候補(りっこうほ)し、追跡の職員が、それぞれのアンテナの役割や個性ゆたかなしくみを紹介する応援演説(おうえん えんぜつ)を行いました。 みなさんには、応援演説を聞いた後、これがいちばんと思うアンテナ(推しアンテナ)に投票してもらいました。 予想では「はやぶさ」の追跡も行った「臼田64mアンテナ」が人気ナンバー1と思われていましたが、地元の応援をうけた「筑波DRTSアンテナ」が“2票差”まで追いかける熱戦になりました。 そして、みごとセンターアンテナとなったのは・・・・・ 「臼田64mアンテナ」でした!! 最後に、臼田64mアンテナの応援演説をした職員がダルマに目を入れて、総選挙は終わりました。 はじめてのイベントで、ついせキリンも心配していましたが、1189人の方に投票していただきました。みなさんにパラボラアンテナや追跡の仕事をたのしく学んでもらい、宇宙開発をささえるアンテナのかっこいいところが少しでも伝えられたならうれしいです。  ご来場ありがとうございました!また次回お会いしましょう♪

ホームへ戻る